切れ痔は年齢に関係なく、割と誰もがなりやすいイメージがあります。

私も経験したことがあるのですが、切れ痔って割と若い人でもなりやすいんじゃないですか。
特に便秘がちな人は便が固くなり、排便の時に切れてしまう人が多いんじゃないかと思います。
なので、女性の方にも経験している人が実は多いのではと思っています。
恥ずかしくて言わない人が多いかもしれませんが、切れ痔人口って結構いると思うんですよ。

私の息子も10代で、「お母さん、肛門から血が出た~」って言ってきましたから、年齢も関係ないと思います。
毎日コンスタントに排便があるのであれば問題ないと思いますが、便秘がちで何日もトイレに行ってないって時や、逆に下痢が続いた時なんかは要注意だと思います。

一般に痔と聞くと男性に多い感じがします。
しかも切れ痔よりもいぼ痔のイメージが強いです。
ただ、いぼ痔に比べて切れ痔は、適切な排便を心掛ければ案外自分で治せるものなんじゃないかと思ってます。
いぼ痔は酷くなると手術しなければならないという知識があります。
切れ痔だったら市販薬でまだ何とかなるんじゃないかという楽観的な考えがあるんですが甘いでしょうか?
切れ痔の症状が進んだらいぼ痔になるという、何となくなイメージもあるのですがホントのところどうなんでしょう。
個人的な経験からすると、私の場合このコースだったのですが…。
切れ痔って割と簡単に考えがちで、大したことないとか、そのうち治るだろうとか考える人が多いと思うんですよ。
私もそのうちの一人だったわけで、今となってはちゃんとケアしておけばよかったとすごく後悔しています。

また、怖いのは切れ痔による出血なのか、大腸癌による出血なのかよくわからないという点です。
もしも大腸癌による出血を、切れ痔によるものだと勝手に思い込んでしまって、手遅れになるという事態にならないかという心配もあります。

やっぱり切れ痔もちゃんと治療することが大事なんでしょうね。
管理人のお世話になってるサイト>>>>>切れ痔に効く市販薬はあるのか?

コメントする