毎日の食事と運動を怠ることによる血圧の高さ

毎日の健康的な食事と運動を怠っている人イコール、血圧が高くなるというイメージがあります。
たとえば、お肉が好きで毎日野菜も取らずにお肉ばかり食べている人、また、脂っこいものが好きで、毎日油のギトギトについた食べ物ばかり食べている人など、明らかに健康に悪そうな食生活をしている人が、血圧の問題を抱えることとなるのだと思います。
また、お酒も血圧の高くなる原因の一つだとうイメージがあります。
日本酒やワインというより、ビールのほうがより血圧を高くするイメージです。
また、外に出ることなく毎日家の中でダラダラと過ごし、甘いお菓子ばかりを口にしているような人も、血圧が高くなりやすいのではないでしょうか。
砂糖の大量に入ったお菓子を毎日際限なく食べ続けると、体に悪そうです。
また、日々の運動を怠っている人も、血圧が高くなりやすいのではないでしょうか。
毎朝走ったり歩くことを心がけたり、ジムに通って体を鍛えたりしている人に、血圧の病気の人はあまり見かけないような気がします。
たとえば学生であれば、運動部に所属している人に比べ、そうでない人は体型や生活習慣もだらしなくなりがちで、血圧の病気を引き起こしてしまう可能性を秘めていそうなイメージがあります。
大人になってからでも、たとえば椅子に長時間座って作業をすることが必要な仕事についている人は、どうしても体調を崩しがちで、血圧の病気にもなりやすいイメージがあります。
そういったイメージから、やはり体を定期的に動かすことは血圧が高くなるのを防ぐためには大切だと感じます。
自分の食事、生活習慣、運動の有無について見直すことは、血圧が高くなるのを防ぐ一番の方法なのではないかと思います。

よく読まれてるサイト>>>>>血圧を下げるサプリが市販されているか?

コメントする